×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

ライフダンクとは

今人気のライフタンクとは、ホンダの新型軽自動車で、ももともとは1998年10月に登場した2代目ライフのことです。2000年に、ターボモデルが追加され、見た目にはまったく異なるモデルに、見えますが、ホンダライフに専用デザインのヘッドランプや大型エアダムバンパーが装備され、ライフダンクとされました。トールワゴンスタイルは、同じで基本シャシーは共通ですが、ライフタンクは、まったく違うスタイルに不思議とみえます。
ライフタンクは3速のATのみですが現行ライフターボより走りは面白い様です。又、ライフタンクは色々と手を入れて楽しむには、社外部品も思ったよりは有るようです。ハイパワーエンジン搭載モデルの待たれていたライフでしたが、ライフダンクの登場で、ワゴンR、ムーヴ、プレオに並んで、スポーティーモデル4メーカーそろい踏みとなったわけである。

ライフダンクの新着商品はこちらをチェック

ライフダンクの人気

ライフダンクのタイプは二種類で、TS、と、TR,があります。ライフダンクのターゲットは若い男性ということで、外観は精悍かつシャープにアレンジ。ライフダンクはインテリアも質感の高いデザインやセミバケットシートを採用するなど、本格的な内容となっています。まず目に飛び込んでくるのはツリ目のヘッドランプで、パッと見ではかなりキツい印象を受けますが、なかなか個性的です。はたして、若い女性にもうけるでしょうか、楽しみです。ライフダンクはボーイッシュなイメージでいいのではないでしょうか。ライフダンクは全体的なエアロパーツも実に巧くデザインされており、まずまずの出来栄えだと思います。ライバルのワゴンRやムーヴに比べても特徴的だし、ライフダンクは都会的なイメージがあるという印象を、ライフダンクはあたえられています。
ただ、正直ちょっと高めという印象は否めません。価格帯が121万5000円から、143万5000円と成っており、2WDと4WDが用意されています。

ホンダライフダンクの性能は

ライフダンクのエンジンに関してはなかなかのレベルという印象で、ちゃんとひっぱれるし、レスポンスもいいし、660cc 3気筒SOHCインタークーラーターボユニットとして合格だと思います。
残念なのはトランスミッション。4速ATの搭載も検討されたようですが、ライフダンクは全車3速コラムATとなっています。
ライフダンクのギアレシオは、トルクの盛り上がりとギアレシオのちょうどうまいところにあると思われますが、ライフダンクで高速クルージングをするときに、3速というのは苦しい所です。今後はぜひ4速ATの登場を望みたいところです。
ライフダンクはボディーや足回りも高出力化に合わせて見直されています。ボディーは補強され、サスペンションもスプリングやスタビライザーなども当然硬められています。
又、ライフダンクは振動の低減や乗り心地、ハンドリングにも全体的に手を加え、かなり進化しています。
また、ライフダンクは、排出ガスでもターボエンジン搭載車として初めて「優-低排出ガス」を達成しているところもリッパである。

 

Copyright © 2008 ホンダライフダンクの秘密

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。